支部長挨拶

支部長:鈴木 正康

   令和3、4年度の電気化学会北陸支部・支部長の鈴木正康と申します。よろしくお願いいたします。
   電気化学会北陸支部は新潟、富山、石川、福井の4県で活動する会員で構成されています。会員数も少ない小さな支部ですが、令和2年度には創立60周年を迎えた、電気化学会でも屈指の長い歴史を持つ支部です。水資源に恵まれ電力が豊富な北陸の地では古くから電気化学工業が盛んです。そのため電気化学に関する実践的な専門知識を豊富にお持ちの企業の技術者・研究者の方も多く、支部設立当初から産学が密接に連携して活動してきました。小規模であるが故の運営の難しさもありますが、規模の小ささを生かして特徴的な活動を行っています。特に春季大会では産学の研究者・技術者が電気化学について真剣な議論を交わしています。他支部の皆さんもぜひご参加いただければ幸いです。
   新型コロナウイルスの感染拡大により通常の活動が行えない状態が続いていますが、ウィズコロナ時代に対応して少しずつ活動を再開していきたいと思います。北陸支部の益々の発展と若手研究者の育成、及び支部会員相互の親睦に、微力ではありますが尽力していきたいと思います。今後とも、一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

北陸支部支部長 鈴木 正康
(国立大学法人 富山大学)

© 2013 The Electrochemical Society of Japan, Hokuriku branch.