支部長挨拶

支部長:米沢晋  この度、平成29・30年度の電気化学会北陸支部の支部長を拝命しました国立大学法人福井大学の米沢です。電気化学会では北陸支部は、 新潟、富山、石川、福井の4県で活動する会員で構成されておりますが、 いずれの地域も、それぞれに特徴のあるものづくり企業が多く、支部設立の頃から産学の連携が盛んに行われてまいりました。ただ、 昨今は世界市場での経済、ひいては産業構造の変化に加えて、地方都市にける人口減少の問題などが影響する形で、支部の運営についても様々な 課題があると認識しております。皆様とともに、工夫を凝らしてその解決にあたり、これまでに長い期間をかけて築き上げられてきた北陸支部の益々の発展のために、 微力ではありますが努めて参りたいと思っております。
 北陸地方は本州のほぼ中央に位置する関係で、東京や名古屋、大阪といった大規模工業地域の全てと多様かつ密接なつながりがあり、「電気化学及び工業物理化学」に 関わる様々な企業が存在します。電気化学はもともと工業的な出口に近いところでの研究も多く行われてきましたが、その裾野がどんどんと広がっている昨今では、 大学においても電池・バイオ・腐食防食・表面処理など電気化学を基礎とした融合・発展的研究が進められています。これらの研究開発活動を、北陸支部の特長でもある産学官連携を更に進めながら様々に結びつけ、 若い技術者・研究者も育成して持続的な地域活性化に資する支部活動につなげていきたいと考えておりますので、皆様の一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

北陸支部支部長 米沢 晋
(国立大学法人福井大学)

© 2013 The Electrochemical Society of Japan, Hokuriku branch.