支部長挨拶

支部長:阿部孝之

 この度、平成から令和という新しい時代の幕開けに、令和元年・2年度の電気化学会北陸支部長を拝命しました富山大学の阿部です。北陸地域の電気化学の発展に寄与すべく、微力ながら力を尽くす所存です。

 電気化学会北陸支部は、新潟、富山、石川、福井の4県で活動する会員で構成されています。電気化学は、もともと工業的出口を視野に研究開発が行われてきました。その一方、近年では環境問題に関する世界的な意識の高まりから、二次電池、燃料電池、光触媒、バイオなど、持続可能な社会の構築に資する研究も分野を横断して活発に進められています。これに対し、北陸地域は豊かな水資源を基盤とした水力発電が豊富であり、その電力を利用した電気化学工業が古くから発達しています。また、電気化学に関する専門的な知識を有する技術者や研究者も多く、支部設立当初から産学が連携した融合・発展的研究が盛んに行われています。つまり、北陸は電気化学が根付いた地域であり、ここに属する北陸支部の各種活動は、規模は小さいながらも、電気化学の発展に大きな役割を果たすと言えます。このような志を基に、北陸支部の益々の発展と若手研究者の育成、及び支部会員相互の親睦に尽力していきます。今後とも、一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

北陸支部支部長 阿部 孝之
(国立大学法人 富山大学)

© 2013 The Electrochemical Society of Japan, Hokuriku branch.